少年野球 - 名古屋平針HBC少年野球クラブ

ニュース

ポータルニュース
2021年1月25日
公式Blog(12/18)vol.1651『野球指導者講習会・・・
詳しく見る

12件のうち12件を表示しています。


2017.06.22   
⚾無料体験会のご案内⚾
平成29年6月25日(日)無料体験会を開催いたします。

  a.m.9:30〜
  a.m.11:30ごろ終了予定
  名古屋市緑区徳重 アピタ緑店横 通曲公園

参加希望の方は、事前時お電話を頂けると助かります。
詳しくは、チームホームページをご覧ください!!
2017.06.22   
㊗優勝🏆キャッチボールクラッシック⚾
平成29年6月17日(日) ポップアスリートカップ開会式後に行われた、キャッチボールクラッシックにて、Aチームの選手が、見事に優勝しました(≧◇≦)
12月17日、全国大会(東京)へ…
2016.08.28   
東海団地少年野球夏季大会 準優勝!
東海団地少年野球夏季大会 準優勝!
連日たくさんのご声援ありがとうございました!
2016.08.28   
8/27マクドナルドカップ愛知県大会 優勝!
マクドナルドカップ第19回愛知県学童軟式野球選手権大会 優勝!!

連日たくさんのご声援ありがとうございました!
2016.04.01   
第36回名古屋市学童軟式野球大会 準優勝
Aチーム
第36回名古屋市学童軟式野球大会 準優勝
ご声援ありがとうございました。m(__)m

全国大会目指して 全力で県大会頑張ります。
2013.05.20   
6月29日(土) 入団体験会 開催!
大勢の野球少年が集まった、5月12日(日)に引き続き、入団体験会を6月29日(土)13時より、緑区徳重の通曲公園グランド(アピタ西隣)で開催します!

一緒に強いチームを作ってくれる野球少年を待っています!

*この日以外でも練習体験可能です。
 ご連絡を待ってます!
2009.12.03   
ポップ全国大会 選手コメントVO.5
14 杉浦 拓馬
今まで名古屋市や愛知県の大会で優勝したことはありますが、全国大会で優勝することができてとてもうれしく、ほこりに思います。全国大会の1回戦では、セフティーバントで出塁し同点のホームベースをふみました。2回戦ではサドンデスで同点タイムリーを打ててうれしかったです。決勝戦では京セラドームでプレーすることができました。そこでもセフティーバント出塁しました。守備では最終回に2アウト満塁で1点差までつめよられて、とても緊張しました。後、全試合スタメンで出ることができたので、いままでがんばって練習してきてよかったと思いました。来年はBチームのみんなも優勝目指してがんばってください。

15 藤本 祐也
僕は決勝戦の京セラドームで試合をしたことが一番この大会で心に残りました。僕は決勝戦途中からでました。サードででました。とても緊張しました。試合結果は9−8でした。優勝しました。僕は優勝してとてもうれしかったです。京セラドームで試合をできて楽しかったです。

16 梅林 大流
夏休みくりくり全国大会がありました。その時はおしくもベスト8で終わってしまいました。その日からすごく練習してポップアスリートという全国大会に出場することができました。すごくうれしかったです。最後まで勝ち抜いて京セラドームまできました。すごく緊張しました。試合に出たときすごく緊張して絶対打ってやると思いましたが、バントをしてピッチャーライナーで終わりました。全国大会では優勝することができました。

17 河村 賢人
土曜日の夜大阪に行こうとしたけど、お父さんが肺炎で熱がでて記念病院で点滴をしていたので行けなくてくやしかったです。優勝の連絡があった時、複雑な気持ちだった。
2009.12.03   
ポップ全国大会 選手コメントVO.4
9 福富 大勢
この大会で色々なことを経験できた。特にチームワークの大切さを改めて強く思った。決勝戦はみんな、監督、コーチ、父母のみんなと共に戦って勝ち取った優勝なので、その瞬間はすごくうれしかった。決勝戦は最後まで気が抜けない試合だった。序盤に大量点を取ったが相手は全くあきらめずに最後まで全力で戦ってきた。この気持ちもすごく大事だと、この大会を通して分かった。僕は応援に対しても大事だと思った。みんなの応援がすごく力になり、いい結果が出せたのだと思う。僕がこの大会で学んだことは「チームワークの大切さ」と「あきらめない気持ち」「応援の大切さ」を改めて知った。僕達がこの大会で優勝できたのは、僕の学んだ、この三つがはたせれてたからだと思う。これから上へ行っても、この気持ちを忘れずに戦っていきたい。

11 伊藤 勇希
僕は全国大会はすごく緊張しました。1日目はノーヒットでやばいと思いました。2日目は準決勝と決勝なので不安だったけど準決勝でヒットが打てて、そのヒットが勝利につながったのでうれしかったです。決勝は自分も打てたし、みんなも打ちました。最後に忍田が三振をとったボールのかんしょくが忘れないくらい思い出になった。

12 副キャプテン 浅井 淳
僕は決勝戦が1番覚えています。なぜかというと、1番良い試合だったからです。決勝戦はみんなで点が取れ楽しくできたからよかったです。全国大会で僕は肩をこわしていて良いプレーができなくて悔しいです。でも最後は優勝できて、うれしいです。
2009.12.02   
ポップ全国大会 選手コメントVO.3
6 久門 大起
僕は全国大会に出れてすごくいい経験ができました。
2回戦では先発して7回を投げぬき完封しました。サドンデスもいれたら8回を投げました。こんなに投げたことは初めてでした。決勝の京セラドームでは先発で投げました。すごく緊張しましたが準決勝で上原君がいいピッチングをして勝って決勝に出れたので僕もいいピッチングをして勝ちたいと思いました。マウンドにはマットがひいてあって投げずらく、腕にだんだん力がはいらなくなってきたけど、がんばって4回の途中まで投げました。バッターではヒットが打ててその後忍田君がホームランを打って点につながったのでうれしかったです。そして優勝ができてうれしかったです。最高の思い出になりました。

7 水谷 一喜
11月21日からポップアスリート全国大会が行われました。21に2試合勝ち進みました。22日準決勝も勝ち進みました。その夜京セラドームで決勝戦が行われました。3回まで7−0で勝ってたけど、だんだん追いつかれてきて、結果9−8で勝ち優勝することができ、とてもうれしかったです。ホテルやバスの中では、みんなと楽しくすごすことができて、ほんとうにいい思い出ができてよかったです。

8 伊藤 大晃
優勝できてうれしかったです。優勝できたのはチームのみんな、監督、コーチ、父母のみなさんのおかげだと思います。これからも感謝の気持ちをわすれず、がんばりたいです。
2009.12.02   
ポップ全国大会 選手コメントVO.2
3 上原 大輝
僕達はAチームはポップアスリートカップIN大阪全国大会に出場し優勝しました。2日で4試合というハードな日程にも苦しめられましたが精一杯、力をふりしぼって死闘を勝ちぬいてきました。初戦と準決勝に先発しました。けど2戦とも先制される厳しい試合だったけど、仲間に助けられてもらいました。準決勝の試合前、前田監督に2つの選択肢を問われました。大舞台の京セラドーム決勝に投げたいか?それとも大阪相手に投げたいか?自分は一瞬もとまどいませんでした。「大阪に投げます」と、自分が大阪を選択したのには訳がありました。これに勝たないと次はないことと実力勝負してみたかったためです。大阪の選手は体がとっても大きかったけど、おさえることができ京セラドームで決勝戦、全員野球で戦い優勝できてうれしかったです。

4 滝本 顕人
僕はポップアスリート大会に行きました。僕が一番心にのこった試合は決勝戦です。みんなの心が一つになった試合だと思いました。みんなで金メダルを目指して戦いました。試合は点取り合戦でした。僕は最終回のみ出ました。最終回だけでも京セラドームの試合に出れてうれしかったです。優勝できてすごくうれてしかったです。京セラドームでやった決勝戦はチームのみんなにとって一生に残る試合になったと思いました。

5 吉江 祐斗
僕は予選で優勝した時は「やったー絶対京セラまで行ってやる」と思いました。全国大会の相手チームは強豪ばかりで、やっぱり全国まで来るとすごいなぁーと思いました。とくに決勝戦の相手は3回裏で7−0と大差だったのに少しもあきらめず、すごくねばり強かったです。4回表の7−3でむかえた2アウト1、3塁ではピッチャーなんて、あまりやったことがなかったのに登板したので、すごく緊張しました。4、5回で3点とられ7回には9−8まで追いつめられたけど最後は忍田君がキッチリしめてくれて優勝した時はマウンドに集まって、みんなでよろこびました。その時「ずっとこのメンバーで野球やりたいなぁー」と思いました。
2009.11.30   
ポップ全国大会 選手コメントVO.1
10 キャプテン 西川 大輔
僕は全国大会に出て京セラドームを目指して1回戦、2回戦、準決勝、決勝とみんなが一つになって京セラドームと言うキップをみんなでつかめたと思います。全部接戦だったけど監督、コーチ、お父さん、お母さんの協力があったからこそ、僕達が優勝できたんだと思います。この全国大会優勝を大きなステップとしてあと残り少ない試合をチーム一丸となって一つ一つ戦っていきたいです。

1 副キャプテン 忍田 知弘
まず優勝できてよかったです。全国大会では、一回戦は抽選勝ちし、二回戦はサドンデスでサヨナラ勝ち、準決勝は逆転勝ちしました。決勝は3回までワンサイドゲームで勝っていましたが、なんとか9−8で最後は三振で終われてよかった。全国大会は打率0.375で出塁率0.675で出塁率は5割以上でよかったです。しかも決勝でホームランが打てるなんて一生の思い出です。今めちゃくちゃ最高の気持ちです。日本一!!

2 安井 海都
僕は一回戦はノーヒットで途中で交代しました。でも二回戦では0−0の時サドンデスに入り、先行の相手に2点とられました。でも前のバッターがつないで2−2、一死満塁サヨナラの場面でバッターが僕でした。ここで決めないと相手に流れがいくなと思ったので、絶対決めてやろうという気持ちで入りライト前ヒットを打ちました。かなりうれしかったです。準決で勝ち、決勝戦初回に忍田が2ランを打ちチームのテンションは最高潮になり、3回で7−0になりました。でも相手も強く最終回には9−8、2死満塁サヨナラ負けの場面で、忍田が三振をとり優勝できた。僕はこのチームは、だれかがかけてはいけないんだなーと思いました。
2009.11.26   
ポップアスリートカップ全国大会
全国大会で悲願の優勝できました。
さすが全国大会強豪揃い、苦しい試合ばかりでした。
監督や選手のコメント、各試合の詳細、
フォトアルバムただいま作成中
いましばらくお待ち下さい